時代と共に進化し、
みなさまに愛され、社会に貢献する。

代表取締役社長利根川 慎一

私が鳶職を始めた時代は、仕事は盗んで覚えるやり方でした。その頃は、競争率が高く職人の差も大きかったと思います。上下関係というよりも、出来る者が新人を小馬鹿にしている様な関係が多くありました。その頃、テレビで大手企業が社員教育の一環でマニュアルを作り、社員に同じ仕事の流れを教えるという教育方針を知りました。私は、努力して掴んだ仕事のスキルを渡すということに驚きました。職人は仕事ができれば腕一本で食べていけるという時代でしたから__。
現在、弊社ではマニュアル化を実践しています。危険なことや仕事の流れは、まず手本をやって見せる、そして実際にやらせてみる。きちんと説明し、正確に理解した上で任せてみる。この様に、時代と共に鳶の仕事も進化しています。今では、最先端の技術を取り入れているスーパーゼネコン担当の職長から私が教えられる、という嬉しい状況です。それでも「昔のやり方すべてが今の時代に向いていない」とは言えません。当時の受け継ぐべき技術がたくさんあります。この様に、弊社では「古き良きものは継承し、時代と共に進化し、古き者が新しい者から学ぶ」というサイクルで上昇を続けていきます。

富山県若鳶会が継承する
『木遣り・纏・梯子』について

富山県若鳶会

富山県若鳶会とは、富山県下にて鳶・土木建設業に従事し、日々の努めを終えたあとにその余力を持ち、我国古来より伝わる『木遣り・纏・梯子』の鍛練を通し、親睦を深めている勇士の集まりです。 私たちは「何故?」このような会を継承し、日々忙しい最中、時間を作って集まり、命を懸けてまで梯子に登るのか?時代が進化し続けるなかで『鳶稼業』という生き様を後世に残し、受け継いでいくためである、と私は思います。今の現代社会において、引いては現場や家庭など様々な人間関係で忘れ去られている「義理と人情とやせ我慢」を信念として、仲間との絆を高め、切磋琢磨しながらこれからも突き進んでいきます。
富山県若鳶会常任相談役  利根川 慎一

「安心=安全」
みんなが安心して働ける会社

株式会社利根川組は、富山を拠点に建設現場の足場工事を行っています。大規模なホテルから工場、橋や高架橋などの公共施設まで、幅広い現場に対応し高い信頼を得てきました。 弊社では「本物の安全教育」を伝えています。過去に経験した本当に危険な作業や命懸けの仕事があったからこそわかる「安心=安全」。みんなが安心して働ける会社づくりを心がけています。

会社概要

社名 株式会社 利根川組
創業 1998年(平成10年)7月
設立 2013年(平成25年)7月
資本金 900万円
所在地 〒933-0852 富山県高岡市下黒田789番地4
TEL:0766-24-0240 FAX:0766-24-0240
代表者 代表取締役社長 利根川 慎一
事業内容 鳶工事(足場組立解体・鉄骨建方・橋梁工事)
取引先 北国リース株式会社
北国リフォーム株式会社
共栄興業株式会社
今井重機建設株式会社
有限会社北斗建設  ほか

アクセス

北陸新幹線「新高岡駅」より1.3km、車で5分
北陸自動車道「高岡I.C.」より4.3km、車で9分

株式会社 利根川組
〒933-0852 富山県高岡市下黒田789番地4
TEL:076-24-0240

TOP
TOP